HOME

Trip By Car

「山陰地方&その周辺」


定時起床。出発準備〜天気は最高。朝食前に給油して、海苔巻き弁当作る。準備完了にて出発〜。鶴岡西まで下道走る。高速料金節約のため鶴岡西まで国道走る、まぁ高速利用でも15分も変わらないからね〜。車内で昼食摂りながら黒崎PAで給油、大潟PA、尼御前PAで休憩しながら福知山IC21:27分、ここまで846.1km。外は雨模様、道の駅農匠の郷やく(福知山市)でトイレ休憩。この先の但馬のまほろば(兵庫県朝来市)へ移動、到着22:25。ここまで885.2km、ここでで車中泊。

起床4:30。洗面後移動。立雲狭到着が5:24。この時間で既にほぼ駐車場満車状態。車中泊組もいましたね〜駐車場スペースは40台位、協力金300円。第一展望台まで30分、第二まで20分だったような。第一は無理なので第二まで上る。竹田城址、最高の天気で最高の景色でした。立雲狭を後にして海苔巻き食べながら走る。和田山で給油して取砂丘駐車場着が8:00。もの凄い人、駐車は砂丘会館となりにマイカー無料スペースなるところを発見しそこに駐車。ラッキーでしたね〜向かいの有料500円駐車場には車の行列。しかしこの時間で驚きの激混み模様。風も強く30分弱散策して退散。松江到着は11:09。ここでも駐車場はラッキー〜県庁東庁舎無料駐車場が1台空いてましてそこにスンナリ。一旦お城向かったんですが、入口のガイドのおじさんに蕎麦の事聞いたら、有名店の八雲は混んでるからとすぐ近くの一色庵を教えてくれました。電話でやってるか確認までしてくれました。お城散策前の11:30前に一色庵へ。混んでましたが・・・まぁラッキーにも座れました。蕎麦もあちこちで色々食べてますけど「出雲蕎麦」はどうも好みではなかったですね〜まぁ正直それほど蕎麦に詳しいわけではないのです。お店出る頃は長蛇の列でしたね〜食後は国宝の松江城散策。天守まで登って、その後周辺散策。八雲庵で抹茶と和菓子で休憩して13:44松江を出発です。宍道湖の上側の341号走って車は出雲方面へ。宍道湖の泥っぽい海水を被って車は大変汚れました。しかし341号走ったおかげで偶然にも出雲大社博物館前駐車場を通ることになりまして・・・駐車場前通ったら車がどんどん出てくるので、窓開けて整備員に聞いたら入れますよ!14:45ラッキーにも大社へ近い場所にある駐車場へ無料で駐車出来ました。徒歩で出雲大社へ。ここもすごい人〜結構歩きますが楽しい時間です。ぐるっと散策して出雲大社出発が15:55。稲佐の浜へ行ってはみたものの、ものすごい風で・・・ちょっとだけ歩いて、その後は車内からさらっと見ておしまいです。旧大社駅到着は16:15、15分、一通り見て回って16:30出発。疲れたし、埃、砂だらけ、イチジク温泉到着は16:48。約1時間ゆっくり浸かって休んで17:40出発。次の目的地は島根県の世界遺産石見銀山遺跡と国立公園三瓶山への東の玄関口にある道の駅ロード銀山。途中SMで買物して隣接のスタンドで給油&洗車。出発してから従弟からの着信に気づいて折り返し電話・・・叔母様が亡くなったとの連絡。旅行来る前に挨拶だけはして来たのですが、そんな予感もあったわけで、しかしもっと早く連絡もらっていればこっち方面には来なかった〜。まぁしょうがないので道の駅に車止めて(18:45)夕食。就寝はたぶん21:00前。葬儀日程に合わせて帰るしかありませんから予定は大幅に変更です。

起床1:30。いろいろ頭悩まして旅程を検証。もう寝れないので2:30岡山向けて出発です。真っ暗な中を車走らせる。星はとっても綺麗。出雲より高速利用して宍道湖PA、高梁SAで休憩して天空の城備中松山城展望台到着は5:20。当初予定は石見銀山から萩・津和野・広島となってましたが全く行けなくなったので今後考えられる車中泊の旅の行程も考えて備中松山城だけは押さえました。展望台まで徒歩1分、誰もいない〜ここからお城見て写真撮って・・・朝日浴びて綺麗でしたがとっても遠かった。そして現存12天守最後となる備中松山城へ。ふいご峠駐車場5:56着、先客は1台。天守までは駐車場から徒歩20分の登りです。昔は大変だったでしょうね〜。貸し切り状態の頂上でゆっくり散策。天気も良く最高。これで現存12天守・・・やった〜。しかし時間が早かったのでこのお城だけ天守登ってません。ちょっと残念。6:50備中松山城を後にして出発、給油して・・・途中ローソンで朝食購入。ここでもっとしっかり調べていなかったためその後ルートミスを犯してしまいます。遠回りで高速入口まで走りました。高速ではあっちこっちで睡魔との闘い、PA、SAで休憩取ながら北上。途中南条SAのFM弁当購入して食べて、さらに走る。この日の内に自宅まで帰れることも可能でしたが予定を変更して高速三条燕ICで下りて女房の実家(新潟五泉市)に泊めていただきました。到着は17:47、寄らずに秋田へまっすぐ帰った場合の到着推定時刻は22:30頃だったでしょう。疲れました。

▲top


Copyright© S.Tsuchida All right reserved.