HOME

Travel Abroad

渡航の記録!「中国」


2014年1月、3回目の南寧出張。今回出張のレートはカード決済が1RMB17.602円、空港での両替レート1RMB 19.550円。 南寧市は広西チワン族自治区の首府で人口650万。親日の方が多く、広西大学には日本語学科もあるそうです。南寧に暮らす日本人はとても少なくて50人位ではないかと言ってましたね〜。 同自治区には有名な観光地「桂林」がありますが、北に388km離れております。因みに南寧市からベトナム国境までは160kmです。
南寧出張、前回までは朝一番に出発すれば当日の夕方には南寧到着出来たんですが、往路だけは乗継便が不便になりまして上海前泊となりました。自宅を8:00前に出て羽田へ。成田から 上海浦東空港までは時間3時間25分。空港からタクシー乗ったはいいものの、ホテルが近い(10分)せいか運転手さんゴネまして一苦労、もちろん私は中国語など出来ませんので同行者が何やらいろいろ説得? 車動き出すまでハラハラドキドキでした。ホテルは送迎サービス利用した方が良い感じですね(翌朝は利用)。 部屋、一人には無駄に広いけど、しょうがないですね。夕食はホテル隣にあったレストラン「川流不息」。庶民的な中華レストランチェーンですな! メニューも豊富です。中国ビールは薄いね〜そして相変わらず温い。冷たい飲料を飲む文化が無いからしょうがないですけど。 最近では冷やしたビールを置いてるお店もありますが、それでも???な感じ。3人で360RMB也。 翌日は上海浦東9:10発中国東方航空MU9405便。南寧には12:00着、時差なしで飛行3時間です。機内食は軽食じゃなくしっかりした食事、完食しました。 南寧到着後ホテルへ、ここで早速トラブル発生。ネット(HotelClub.com)で予約していたホテルが予約されてません。もう大変というかやっぱり中国です。 南寧は英語も全くと言って通じませんのでトラブルが発生すると本当に大変です。結局ホテルは現地得意先が確保してくれました。 ちょっと古いですけど、朝の交通渋滞を考慮すれば最適な場所にある南寧リー・フェイホテル、1泊535 RMBです。
南寧はどんどん発展しており、投資目的マンションもいけいけどんどんで建築されてます。3回目の南寧ですが来るたびのとんでもなく変化しております。 山が切り崩されドンドンドンドン建設。街中ホコリだらけ、そんな感じです。 不思議な国、いつまでこの流れが続くか疑問です。歩いている人を見ると中国系ですが、新市街はヨーロッパ的と何とも不釣合いで不思議です。 夕食はホテル内のレストラン「金唐苑」、3人で255RMB。朝食は残念と言いうしかありません。牛乳は飲めませんでした。 珈琲は無し、ここ南寧ではコーヒー文化はありません。若者が飲むようになってきておりスタバもありますがまだまだ高級飲み物です。 近くの百貨店テナントで珈琲20RMBでした。
新市街には高級スーパーに高級外車。貧富の差は激しい中国です。食べ物はほとんどが美味しいです。高級日本レストランもあり刺身も日本風鍋も食べられます。 しかし食事マナーと言えば、凄いでよ〜とにかく汚い、フロアーベトベト、目が点になります。
旧市街の露店市場、生肉〜常温販売です。何と言って良いやら不思議な世界です。とにかく物凄い人、そしてパワーに圧倒されます。最終日の夕食は「UBUD」、高級店です。 バリ島を意識した内装で資材もバリから輸入したそうです。写真撮る雰囲気でもなかったので建物の雰囲気だけです。 復路は南寧7:50発MU9404便、上海浦東から13:20発NH920で成田17:00着。リムジンで羽田へ移動してまた乗って自宅到着は22:15でした。

▲top

今回は急遽上海での商談が入ったため南寧3泊上海1泊、4泊5日の出張です。2012年11月25日自宅を5時30分に出て羽田へ。国際線に移動して羽田発10時20分NH1259便にて上海虹橋12時45分着、上海虹橋空港14時40分発中国東方航空MU5397便にて南寧着が17時40分着。 約12時間の旅はさすがに疲れました。今回のレートは1RMB15.04円、大分上がってましたね〜。宿泊ホテルは紅林大酒店、一応五つ星ホテルです。 南寧市、相変わらず発展は続いており9月には中国本土で5カ所目となる「万象城」ブランドの複合ビルがオープン、店内入口付近には富裕層向けと思われるBMWが展示されてましたね〜。 上層階にはユニクロ、無印良品、スターバックス等の日本ブランドのテナントがゾロゾロ。地下鉄工事も2013年開業に向け急ピッチで進められておりました。 南寧市の日本料理店は現在77店確認されておりますが、尖閣問題により相当苦戦を強いられてようでした。今回も中国料理はほとんど口に出来ず仕舞い毎晩日本食。仕事ですからしょうがないですな! 南寧に3泊後は上海へ移動〜朝8時30分発中国南方航空CZ3289便にて上海浦東空港へ。 2時間40分のフライトです。宿泊ホテルはグランドメルキュール虹橋上海。立派ホテルでしたね〜到着後は昼食、そして早速ホテル内にて商談2件済ませて・・・夜〜上海家庭料理をご馳走になりました。 日本ではまず食べられないお鍋もいただきました。食後はお決まりの夜景をさらっと見ておしまい。翌日は午前中商談2件済ませてタクシーにて上海虹橋空港へ。 13時55分発NH1260便にて羽田へ。羽田乗り換えで自宅到着が22時30分、お疲れ様でした。

▲top

2011年11月、10月の中国南寧に続き今回は初の上海出張2泊3日です。レートは1RMB13.98円。上海出張は他社様からの依頼業務も兼ねてましたのでホテル、チケット等手配はすべてお任せ、楽ちん出張でした。 が、一人で海外行くのはお初でしたので本当にハラハラドキドキでした。 東京都内に前泊しまして11月16日は京成上野からスカイライナー利用、成田発9時40分JAL873便、上海浦東までは3時間20分のフライトです。10月は虹橋空港経由でしたので今回の浦東空港はお初です。空港からタクシーでホテルへ。 運転席と客席は鉄格子で?危険なんですね〜中国恐るべし。ホテルは日航上海(2010年7月オープン)、浦東空港より35kmタクシー料金192元でした。ホテルはまだ新しく言葉の問題も無くすべてにおいて快適でした。到着後は早速業務、準備して夕方より本番。 打上もありでホテル帰ったのは12時過ぎ、その後ホテルで飲んで・・・。朝が来るのがとっても早かった〜ご飯が美味しい〜健康〜しかし眠い〜。2日目の午前は現地代理店の方と打合せ、お昼は業務依頼主様の招待で 上海料理をご馳走なりました。これが大変美味しゅうございまして感謝感激〜。食後は引き続き市場視察、上海は大都会でしたね〜。業務終了後は・・・せっかくの上海ですからね〜夕食を兼ねてちょっとだけ観光など。 観光客は誰でも足を運ぶと言われる豫園商城をブラブラ、夕食はディンタイフォンで小籠包。食後は上海一有名な夜景鑑賞スポット外灘ブラリ散歩で締めくくりました。満足上海出張でした。

▲top


▲top


Copyright© S.Tsuchida All right reserved.